2011 夏!強化練習、強化試合そしてキャンプ

7月23日、24日 サンダース夏の強化練習、強化試合そしてキャンプを行いました。

サンダース17期生、全国、西日本、九州大会と県大会出場は逃しましたが(九州大会は雨天のため抽選でしたが)、とてもいいチームにしあがってきています。

練習試合の勝率は8割以上!!

選手の頑張りもですが、練習、試合を支えるコーチ陣、父母会長をはじめとした父母会の皆さんの一体感・・・・素晴らしいものがあります。

この写真は高下パパのアルバムで

このところの練習試合、強化試合でもっとも今年のサンダースらしい試合は!!

ジュニコンさんと試合 噂の超高速ボールに必死にくらいつきます。簡単には三振とられません。バットを短くもってコンパクトに振りぬく。バスターやバントで内野の守備をかく乱させる。四球や内野安打で出塁したら、盗塁、エンドラン、リレードスチールで次の塁を狙います。

そして、4番の優史、5番の康平が2本の長打・・・振り負けていません。素晴らしい打球が飛んで行きました。

守っては、5年生エースの和矢、6年生主将の文也が頑張っています(5年生エースはまだまだ修行がひつようですが・・)。

守備も1アウトずつしっかりととれる堅実なプレーができるようになってきています。

毎週、毎週が練習試合や超ハードな練習で、強化練習や強化試合のようなもの。子どもたちも本当によくついてくれてます。6年生が体力的にも技術的にもしっかりと下級生を引っ張ってくれています。

そして、コーチ陣、父母会みなさんの努力、協力、ご支援のたまものです・・・・って、これはもうちょっと先にします。でも、とてもいい感じです。

キャンプ  最高でした。

子どもたちもしっかりと楽しんでました!!遊びのときの笑顔もとってもいいですね!!

強化合宿もいいのですが、遊ぶときは遊ぶ、やるときはやる(強化する)!のほうがいいような気持ちをもっています。

これまた心に残るいい思い出になりそうです(よく飲みました(*^^)v。

さぁ、夏の大会・・まずはピザクック杯からです。

対戦相手は同じ南区の老司アーチンズさん。これまた剛球5年生エースくんに横手サンダース打線がどう挑むか・・・心配であり、楽しみな試合になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに・・・水曜日練習

2011年6月1日

梅雨に入りなかなか思うように練習ができなかったこのごろですが・・・・

今日はボールを使って守備練習、バッティング練習ができました・・・なのですが・・・

6月11日の九州市大会に向けて・・・・・あ~して、こ~して、どうにかして・・・市大会を勝ち抜きたい

そう思うのは監督と31コーチだけ

遊びの延長みたくだ~らだら。練習の意味がありません。

せっかくの31コーチの企画で、走りこみ、素振り 

素晴らしいではありませんか。なのに出てきたり、出てこんかったり(らしい)

強いチームはこういうことをしっかりやってるんだよ。努力してるんだよ(努力というか、習慣、あたりまえにやっているんだよ)

総明時代もバッテリー(総明ー雄斗)でほぼ毎日投げ込み。
牟田もばーばーパパと朝錬(毎日)、翔、渉は前(鬼)31コーチとの地獄の夏練~それにつられみんな努力しました。
大輔時代もみんな努力しました。

特に梅雨から育成会ソフトのこの時期は気持ち。しょうがないかもしれませんが、ここで体力や技術が落ちてしまうと、いままでやってきたことが、水の泡となってしまいます。

最低限体力を落とさないこと

走ること、素振りをすること。友だちとキャッチボールや野球で遊ぶこと(ゲーム禁)。

それと練習日には、野球、ソフトボールをみんなでやれる喜び、幸せ、感謝をもってやろう

笑顔と元気・・・・今日の練習ではみんなにみられなかったなぁ(4年生のもときがいちばん元気に楽しそうにやってました)。

少し残念な水曜日練習でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル脱出なるか??2011年4月、5月


2011年4月、5月の横手サンダース・・・・くるしんで おります

リーグ戦・・・・4勝3敗(3~4位)

宝満カップ『昨年優勝』・・・・8チーム中7位

西日本福岡市予選・・・・1回戦負け

勝てません。

九州選抜県大会ベスト16は?  連盟南部新人戦優勝は?

長~いなが~~いトンネルに入っています。脱出できるのか?このままなのか?

原因をさがすときりがありません。

でも僕は、このチームに自信をもっています。かならずトンネル脱出・・・一気にとっぺんまで登れるくらいの力を持っています。

ただね・・・負けた時の悔しさ、出来なかった時の悔しい気持ちをすぐに忘れてしまうというか・・・・

ああやろう、こうしようと思ったことを実践できないというか・・・中途半端な「甘え」がまん延してしまう。

みんなで知恵を出せ!!そして汗を出せ!!

「甘え」がでる時間を与えません。毎週ごとに「試合」を組みます。「結果」を求めます。

そのなかで、知恵を出せ!!汗を出せ!!です。

あまり後ろ向きなことばっかり書くと、Y永ガッツT監督の「つぶやき(ぼやき)」みたいになりますので・・・・

サンダースのいいこと書きます。

横手の武器 1 スイングスピードの速さ(しっかり振れる)

ここ3年間で一番いい。

特に優史、文也、和矢、康平、(薫・・もうちょい)のスイングスピードはいいですね!!

それに加えAX-4,新型カタリストというモンスターバット!!

当たれば打球は必ず速くなります。打球が速いとヒットや長打になる可能性は高くなります。
これは素質プラス練習で身に付けたものだから、自信をもって打席に入ってみては・・・ピッチャーも野手もプレッシャー(脅威)となるでしょう。

この他の選手たち・・・せっかく身近にこういう奴らがいるんだから・・・いいもん「パクろうぜ」(不適切発言?)

スイングスピードが速いといい理由

1.ボールをしっかりと見極められる!!
 ①ストライク、ボールの見極めがよくなる。
 ②引きつけて打つ事ができる・・・チェンジアップ、変化球に対応できる。

2.打球が速い・・・ヒットや長打が出やすい。

3.相手をビビらす。とくにピッチャー、キャッチャーは脅威となります。

スイングスピードが速くて打てないのは?

早打ち(引き込まず、前方に軸が移り力がでない・・手打ち)

ボールび手を出す。チェンジアップに引っかかる。

ちからが抜けた状態でバットを振っても相手チームは全然怖くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し・・・いい~。部員大募集!!

2011年4月…日

12名から始まった今年のサンダース

昨季からのまずまずの成績を引き継ぎ、昨秋の九州選抜県大会ではベスト16と大健闘!!

そして、今年の福岡南部地区新人戦ではいきなりの優勝!!できすぎです。。。

でも部員は12名、選手層が薄いどころではなく、レギュラーがひとりかけるともうボロボロ・・・

こりゃ、やばいぞということで、急きょな部員獲得キャンペーン・・・2月の雨の中、凍えながら体験練習会やりました・・あれは中止にすべきだったとの声もありましたが・・・3月もやり(参加者0名)・・これで集まらなかったら仕方ないと思ってましたが、5年生の勇人くん、4年生の幹くんが入部してくれました。

そして、4月に入り6年生の転入生が入部するとの情報をキャッチ・・・しかもソフトボール経験者との噂。うわさは噂をよび、スーパー転入生になってしまいました。いかん、いかんこれでは入部どころではなくなる、平然としとこう!!


入ってくれました。しかも4年生の妹ちゃんも入部とのことで・・・・・(バンザーイ)とってもうれしいです。

苦しいチーム事情の中ですので、先日おこなった練習試合ではちゃっかり新入部員くんたちも初参戦!!

これがいい流れになりそうです。やっぱチーム内の競争、助け合い、協力は多いほど良い。

今年は正直むりかな・・・6年生が少ないハンデがあとあとひびくかな・・・と思っていたのですが、新入部員の入部で活性化できそうです。しかも6年生が少ないため来年の6年生(新5年生)が経験できます。

さらには、転入生の匠くん、5年生の勇人くんの加入でレギュラー争いが激化。いままでの5年生レギュラーも6年生のレギュラーもうかうかできません。試合にでてあたりまえから、試合にでるためにはチーム内の競争に勝たなければなりません。

やっと本格的に始動できそうです。  入部キャンペーンを支えてくれた父母会の皆さん、コーチ陣、お父サンダースの皆さん(おやじダンサーズじゃないよ)。そして選手たち・・・・・ありがとうです(それと神さま)。

ここで打てない、打っても遠くに飛ばない選手にワンポイントアドバイス!!

「手はキャッチャー、足はピッチャー」です。

バッティングでもっとも大切なのは「タイミング」です。
そのポイントとなるのが、構えた位置からグリップをひき、前の足を踏み出す「トップ」をどこにあわせるかです。通常はピッチャーの手が一番上にあがったとき(ウインドミルの場合)、トップをつくるとあわせやすくなります。
そして、両腕でバットをからだに巻きつけるようにテークバックし、からだの軸を最大限キャッチャー寄りに持っていき(手はキャッチャー)、ここからバットを振りにいく。手や腕が力みすぎないようにする。前足はピッチャーに向かって出していく(足が開かないように注意する)
うまくできない選手は腕や手に力が入りすぎて、スイングの軸がずれて(足が開いたり、前方で回ろうとする)いる。
リラックスして軸を中心に(腰部)リlラックスしてスイングすれば、打球に勢いが出て遠くに飛ばせるようになります。


ここのバッテイング講座はもう少しくわしく画像付きで(動画?)、モデルは誰にしようかな。文也もいい当たりの時はこのことがしっかりできています。薫も優史もいいな(ちょっと悪い例?うそうそで~す)。

テーマは「リラックスして腰の回転で打つ」ことを学んでもらいたいと思ってます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんなもんかな・・(泣)!全国小学生福岡市大会

2011年3月26日 全国福岡市予選が雁の巣R/Cで行われました。

昨年10月に行われた九州選抜県大会の結果、今回はシードとなってました。
県大会、全国大会本大会に向けて、いいポジションにいたのですが・・・

結果はフレンドシップリーグの強豪、東月隈さんに1対4の敗戦

6回、最終回までは0対0のいい試合(だったかな?)
しかし、最終回に1つのプレーから崩れます。簡単なサードゴロを1塁へ悪送球(ここまでは良く守っていたのですが)、さらに四球を出し、ここで上位打線に回ります(4巡目)。

さすがに、東月隈さんの上位打線、横手の5年生ピッチャーは相手になりませんでした。連打、連打で4得点されてしまいました。

6回で(4巡目)になるということは・・やはり四死球が多すぎます。それとエラーが多すぎます。

打撃ではチャンスもあったのですが、つながりません。塁には出るのですが、フライ打ち上げもしくは内野への凡ゴロを繰り返します。相手投手の外角球を中途半端に打っていき凡打をくりかえします。

結局、負け

やはり新6年生3人、新5年生主体のチーム、まだまだこれからと・・・・といいたいところですが、あっという間に1年は過ぎるし、今勝ちくせをつけとかないと、連盟南区新人戦はどこにいったのやら・・ずるずる衰退していきます。

やり直しです。もう1回チームをみつめなおします。

まずは、ピッチャー・・いいもの持ってます。バネがあり、しっかり体を使ったいい投げ方をします。
 しかし、コントロールが定まらない。ボール、ボールとカウントを悪くして甘く入ったストライクを狙い打ちされてます。死四球を簡単に出します。原因は投げ込み不足(受けてくれる子がいないのかな)です・・・小学生ソフトボールの場合、プレートからホームベースまでは10.67mという距離です。この短い距離ではしっかり投げ込みをする、ストライクをいつでもとれると意識して投げ込むことでコントロール(制球力)はしっかりついてきます。

和矢くんまだまだ努力がたりません。

野手にしろバッターにしろ、勇気、おもいきり、自信がありません。緊張もします。
これは、わたしたちコーチングスタッフがいってもなかなか改善出来ません。
唯一これを克服するためには、「練習」「努力」して自分で克服するしかありません。

3人の17期生、こんなんで終わるなよ

「がむしゃらに練習して」横手旋風まきおこせ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

感謝・感動・感激!!第16期生卒部式

暖かい陽射しが降り注ぐ、早春のこの日6人の16期生が、横手サンダースを巣立っていきます。
>
>主将 久保大輔くん、副主将 錦戸渉くん、酒井義史くん、玉井亮輔くん、有馬健太くん、白石悠人くん
>
>今年の6年生は、全国大会県大会初出場をはじめ、連盟南区大会でも優勝、初の南区チャンピオンに輝く

など新たな歴史を築きあげました。
Sotubu20111

昨年牟田勇輝、錦戸翔くんたち15期生が作ってくれたいいながれを継承し、リーグ新人戦で3位からスタートし、

多くの大会でサンダース旋風を巻き起こしました。

守備ではバッテリーの渉、大輔を中心に、ありけん、悠人の堅実で安定した内野守備、義史、亮輔は何度も外野で

ピンチを救ってくれました。打撃では義史、渉の脚が武器でした。

そして大輔、悠人を中心にありけん、亮輔がしっかりつなぎ得点できるチームでした。ただし、僕はもっとできる子

たちだと 思ってます。すぐに妥協するというかいい子ちゃんというか甘えさせたら、どこまでも甘えてしまう傾向が

あります。叱咤激励の意味で手を上げたこともありました。しかし、この子たちはわかってくれました。
 
主将大輔を中心に強くなるうまくなりたい、自分たちはできるはずだ。

6年生6人で励ましあい、努力しました。練習しました。監督についてきてくれました。そしてチームは強くたくましく

なって、秋の大会で好成績をあげることができました。そして、南区の強豪として17期生にバトンタッチしてくれました。

熱い日も寒い日もきつい練習にもついてきてくれて本当にありがとう。

子どもたちへのはなむけの言葉は、夢にときめけ、明日にきらめけです。ご存知のようにルキーズの川藤先生の言葉ですが、

君たち一人ひとりの人生にはとてつもない大きな可能性があります。その輝かしい未来をつかんで欲しい。そのためにも、

精一杯の努力をしてほしい。サンダースで学んだことは、

努力ししっかり頑張れば何かできる。勇気を持って前に進んで欲しい。君たちはできるんだから。

16期生のサンダースっ子本当にありがとう
Sotubu20113


最後に6年父母の皆様へ

有馬会長を中心に

暑い日も寒い日も子供達をサポートして

くださりありがとうございました

たいへんな時期もあったと思いますが

親子で頑張った成果で子供達も心と体は大きく成長しました。

こんなに親子で接する時期は小学生の時期だけです。

これからは新中学生のサポートをお願いします。

またお時間ある時はどんどんサンダースの活動に参加し子供達を応援ください。

ほんとうに有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はらはら!!南リーグ新人大会2011

2011年2月27日(日) 横手小学校で南リーグ新人大会がありました。

先週は南部新人大会で優勝 2周連続優勝を狙ってたのですが・・・・夢破れるでした。

予選1試合目 対三宅イーグルスさん 2対2 同点 う~ん

予選2試合目 対弥永リトルガッツさん 1対1 同点 う~ん

試合内容は、まぁまぁなんですがひとつ大きな問題点が・・・

それは、部員が少ない・・・選手層がうすい・・・この一点が大きな問題点です。

6年生(新)が3人のうえ、一人が体調不良、5年生の一人がけが、そして風邪、インフルエンザも数名いたり・・
まえの晩より、9人揃うかどうか・・・・何とか試合にでれました。ほんとうにハラハラでした。

しかし、おもしろいことが・・3年生初出場の○○たいきくん。大活躍でした。いきなり、ヒット性の当たりを打つは、レフトのポジションでは、ファインプレーを2つ。そして、きわめつけは最終回の初ヒットが2塁打。これを機に同点に追いつき、一打逆転というところまでいきました。無心というか集中力のすごさというか、これはまた楽しみです。

そんなこんなで予選敗退でしたが・・・何とか試合に出れたこと。
今年の南リーグ・・今のところでは、ドングリの背比べと同様、チームの力にそれほど大佐はないような・・感じです!!

体調管理の難しさ・・これまた勉強したな。

結果(第11回南リーグ新人大会)

第1位 三宅イーグルス
第2位 野多目ファイターズ
第3位 弥永ロトルガッツ
第4位 野間ファイターズ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

びっくり!優勝 福岡南部新人戦

平成23年2月20日 梶原運動公園で、福岡南部新人戦がありました。

結果は優勝

たった12人のメンバーで、4試合勝ち抜くことができました。
そして、最後まで集中力を欠くことなく頑張れました。

これが本当の実力なのか疑問です。
しかし、ここぞのときの集中力は素晴らしかったです。


Nanbusinzin1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備!屋形原杯、ナガセケンコー杯2011

1月29日屋形原杯、2月4日ナガセケンコー杯と新チームで出場しましたが、どちらも予選リンク戦を勝ち上がることはできませんでした。しかし、これからの新人戦、そして2011年、第17期生チームのいい準備ができました。新6年生3人と苦戦必死なのですが(4年前13期生も3人でした。苦戦しました)、主将文也を中心に3人の新6年がそれなりにチームをまとめてます。なかなか良いセンターラインを作ってます。その他のレギュラー候補(新5年生)ですが、少しづつですが(思いのほか)、ソフトボールを覚えてきています。うまくなろう、負けたくない、頑張ろう!!という気持ちが、上達スピードを早めている感じがします。後は、新5年生ピッチャーの和矢くんですね。素晴らしい身体能力を持ってますので、じっくりと経験して、福岡県を代表するピッチャーになってもらいたい。ピッチャーは孤独なところでもあり、チームの軸でもあり、チームの顔でもあるため、たいへんなプレッシャーもあるだろうけど、経験して得ることがいっぱいあります。和矢と心中する覚悟(こりゃ大げさ)です。
頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張りました◎ 駅伝・マラソン大会

平成23年1月23日 南リーグ駅伝・マラソン大会が開催されました。

結果は第3位頑張りました。10人の駅伝メンバー+錦戸ママ、久保ママ、西野パパ、片岡パパお疲れ様でした。それとおめでとう!!

最近の走りこみ、体力の向上ぐあいからもう少し上位をねらってたのですが・・・どこのチームもこの悪天候で走りこみやってるみたいでした。リーグとしてもこれはいいことだ!!寒い時期は基礎トレーニング(特に冬場にしかできないこと)をやるべきだと思っています。

全体的には走力は確実に上がってます。駅伝メンバーは確実に早く力強く走れているし、特にアンカー義史の区間賞は歴代でもトップクラスのタイムだったし、その他マラソンの部に出場した悠人、亮輔、康平、佳昌、怜も確実に早くなっている。そして、3,4年の部で優勝した安部くんもがんばった(鼻血だしながらの激走でした)。

この駅伝・マラソン大会で走りこみは終わるんじゃなく、これからもしっかりと走ります(残念??)。
大会時期や暑いときにもいかに走れるか・・今年はやってみたいのです!!
頑張りましょう!!

君たちはもっと伸びる可能性をいっぱいいっぱいもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«手ごたえ!!冬場の走りこみ