« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

レベルの差!!西日本小学生選手権福岡市大会

5月23日(土) 雁ノ巣R・Cにて、西日本大会福岡市大会が開催されました。

全国大会福岡市大会をスケジュールの都合で欠場したため、この西日本大会が上(全国、西日本、九州大会)につながる今年度最初の大会になります。県大会出場(福岡市の場合は、12チーム)をめざして、いざ、闘いに臨みました。

うえにつながる大会は、トーナメント戦、負けると終わり(1回戦で負けようものなら、地獄の特訓が待ち受けています)。試合は、7回戦の70分間。7回戦だと、1度ミスしても、あきらめなければ何かが起こる。最後の最後までわからない・・・本当の実力が試される、いい経験ができます。

1回戦 対下山門サンダースジュニアさん 4対2 勝利!!happy01happy01

1回戦のお相手は、下山門サンダースジュニアさん。同じ「サンダース」がつきますが、今までの対戦は全くありません。どんなチームなのか、どんなピッチャーがいるのか・・「サンダース対決」楽しみにしておりました。

横手の先発は、翔。威力のあるストレートにチェンジアップを混ぜ、そして、決め球は、最近投げ始めた「変化球(球種はひみつ)」で、相手打者を打ち取ります。2回横手の攻撃、先頭の5番一馬が、レフト線を抜くホームランshineで先制します。4回にも、無死1塁で、キャプテン勇輝の当たりは、右中間に鋭いクリーンヒット、相手チームのミスもあり(いえいえ、記録上はホームランshine、で2点を追加します。この試合、打線がつながります。2番渉は、俊足をいかすバントヒットを決め、すかさず盗塁。4年生の文也、5年生の大輔もヒット、代打のありけんもライト前へいい当たり(アウトになりましたが・・)。とてもいい感じで快勝いたしました。

2回戦(パート決勝戦) 対吉塚クリッパーズさん 0対7 敗退(5回コールド負け)weep

さぁ、この試合に勝てば県大会。ですが、パート決勝戦のお相手は、全国大会福岡県大会準優勝(全国大会出場?)の吉塚クリッパーズさん。実は、同じパートに吉塚さんがいるということで、いろいろ情報を集めてみると、どの監督さんも「強い!ピッチャーはライズも投げるし、制球力も良い・・なかなか点をとれない」とのこと。しかし、同じ小学生、秘策「ライズ崩し」も伝授した。当たって砕けろの精神で挑みました。結果は・・

15アウトのうち、三振が13・・・ほぼ完璧に抑え込まれました。しかし、2回には、一馬の右中間への2塁打、翔もライト線への鋭い当たり(ファールでしたが・・)、キャプテン勇輝もいい感じで相手投手に向かっていってました。横手のエース翔も威力のあるストレート、チェンジアップ、変化球で三振、凡打で打ち取りますが、守りのミス、四死球でランナーを出し、甘く入ったボールを打ち返される・・・ほんと吉塚さんの守りも打撃もお手本のような戦いかたです。

結局は、0対7のコールド負け。いまの横手の実力は、まさしく、これでしょう!!

ハッキリ言って「レベルの差」がありすぎます。このレベルの差は、「精度の差」だと考えます。体格や運動能力は、同じ小学生、横手の6年生も体力づくり、練習に取り組んでいるため、そんなに大差はありません。しかし、こんなに何が違うのか。それは、日々の練習の取り組み方、試合の取り組み方で違ってきます。相手投手の制球力は素晴らしかった!秘策「ライズ崩し」の基本は、高めの球には手を出すな!ですが、高めを打ってこないとみると、低め、しかも内角、外角にボール1個外してきます。そして、つり球で、高めのライズ・・打つなといっても、手が出てしまいます。打撃もねらい球をしぼり、自分の打てるボールをしっかり待って打つ。翔くんもいいボールを投げますが、甘く入ったボールを狙い撃ちされてました。

精度を高めるためには、ただ練習をする。試合をするだけでは、いけません。何が大切なのか、相手を打ち取るためには・・相手の球を打ち返すためには・・「意識して」練習や試合に取り組む必要があります。そして、いっぱい経験(つらいこともうれしいことも)して、身についていきます。常勝チーム吉塚さんは、レベルの高いところで、競いあってます。ちょっとしたことを妥協していると、相手チームはそこをついてきます。勝つことに徹底することが必要です。・・・・いまの横手が勝てないのは、ここだと考えています。あ・ま・い!すぐ、妥協する!!すぐ、泣く!!あきらめる!!・・・つくづくレベルの差を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良かった(上野萌え~っ)!!日本女子1部リーグ観戦(ルネサス高崎VS戸田中央病院)

5月16日(土) 佐賀県鳥栖市民球場にて、日本女子1部リーグ(ルネサス高崎事業所VS戸田中央総合病院)を観戦しました。感激happy01です。上野萌えlovelyしてきました。

ルネサス高崎といえば、宇津木麗華監督率いる昨年のチャンピオンチーム!!しかも、あの上野投手他、日本代表北京金メダリストがいる素晴らしいチーム。対戦相手は、戸田中央総合病院、このチームのキャプテン今泉早智選手は、福岡県出身(福岡大・・ボツ30番監督の後輩・・何年前?)です。これは、是非見にいかなくては、ボツ30番の私情ありありで、ほぼ強制的に「世界の上野投手を見に行こう!!」となりました。

1_043_3 3_050_4     

2_045

4_075 5_081

6_100 7_139

8_125

やはり「世界の上野投手」を見にきた観客は、数千人!!オリンピック前にも1部リーグを見たのですが、そのときは、100人いたかな?すごい集客力です。そして、オリンピック終了後の彼女は「オーラというか堂々たる風格」を持ってます。ルネサスでは、投手コーチも兼ねていますし、指導者の資格(日体協指導者・コーチ)をとるために、頑張っているみたいですね。

試合結果は、さすがルネサス、チャンピオンチーム!初回、日本代表選手の乾さんの満塁HRからはじまり、岩谷選手、峰選手らの活躍で追加点をあげる理想的な展開で勝利します(上野投手の登板は・・・残念ながらなかったのですが・・泣)。戸田中央総合病院も今泉選手の3塁打で1点を入れますが、結局8対1でした。

横手サンダースのみんなも真剣にみていました。サンダースの試合では、砂いじりしているJrチームの選手も真剣!!ルネサス応援団にまざって応援・・頑張っていました。

試合後、数名の子どもたちが、上野選手や峰選手の「おっかけ」をしていましたが、上手くいかなかったようです。

今泉選手に会うことができ、サインや記念撮影、励ましの言葉をいただきました(写真は後日、アップします)。

むちゃくちゃ、楽しい思い出になりました。横小に帰ってからもおどろき・・すべての子どもたちが、意見をもってました・・感じていました・・感動していました。ほんと、連れて行ってよかった(父母会の皆さまのご協力、感謝いたします)。・・きっと、これからのプレーにつながる(ようになればいいんだけど・・・泣)・・・期待しています!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半戦終了!!福岡南リーグ戦第4節

5月10日(日) 野多目小にて、福岡南リーグ第4節が行われました。

前期最終戦 対三宅イーグルス 2対3 敗戦shock

サンダース先発は、翔・・スピード、制球力はかなり向上してきました。しかしながら、守備のミスで、初回より1点を与えてしまいます。なんといっていいのか・・翔の調子が上がってきているだけに、とても残念!!

攻撃でも、1番切り込み隊長 勇輝が出塁、レオのバントヒットで、無死1・3塁・・チャンスが広がる・・・と思ったのですが、手痛い走塁ミスで、1アウトを与えてしまいます。3番・4番のクリーンアップも三振に凡打・・得点できません。さらに、守備のミスで追加点と翔の好調を台無しにしてしまいます。翔はほとんどヒットを打たれなかったのですが、3点・・守りのミスです。

最終回、9番の4年生文也が根性ヒット。勇輝も出塁し、今一番サンダースで期待のできるレオは、鋭い当たりでセンター前へ。1点返しました。さすがです。さらに、翔のセンター前ヒットで追加点。さらに、1死2・3塁・・・さぁ、これで、勝負がわからなくなってきました・・逆転も・・ですが、4番・5番はあえなく凡退・・・ゲームセット・・残念ながら負けてしまいました。

この試合を振り返ってみると・・

ピッチャー翔 ○ スピード○ 制球力○(△)

キャッヤー一馬 キャッチング○ スローイング○(△) リード○

守備 X X 1つ1つのプレーが雑すぎる。簡単に点をやる。

打撃 X(3番・4番・5番・6番) ○(1番・2番) △(7番~9番 渉のバントヒット、文也のヒット) 

以前までの試合(ほとんどがコールド負けに近い)

バッテリー X X (点を取られすぎ)

守備 △ (勇輝を中心にまぁまぁ)

打撃 △(1番~5番) X(6番~9番)

以前に比べると、バッテリーがよくなってきた。打線も1~3番はよくなってきた。下位打線も次世代の選手が出塁するようになってきた。投手力、守備、打撃ともに技術面では、かなり向上してきました。しかし、勝てない!!ちぐはく、かみあわない!!元気がない!!

野球やサッカーでもこのような状況におちいることがよくあります。

最近では、WBCのイチロー選手・・・一生懸命やっているのに、結果がでません。技術的には、世界のスーパースターイチロー選手・・全く問題ありません。ヒットを打つのは当たり前。しかし、全く打てません・・・・・しかし、それを打ち破ったのは、何でしょう。イチロー選手のインタビューが、高木スネークス はやぴーママさんのブログで紹介してあります(とっても、素晴らしいブログですので、是非、見てください)。決勝戦の韓国戦、イチロー選手の試合を決める素晴らしいヒットの陰には、「チームメイトのみんなが打たせてくれた、支えてくれた、調子の悪い僕を気遣ってくれた、思いやりをとても感じた」そうです。

監督として・・・というか、野球・ソフトボールの経験者として、今のサンダースにいちばんたりないものは、「思い・思いやり」です。

「思い・思いやり」・・・みんなの気持ち・思いが一つになったとき、ひとりひとりがみんなのことをおもい、みんながひとりひとりのことをおもうようになったとき・・・きっと、いまの状況を打ち破ることができると思います。

だから、思いやりのキャッチボールをやろう。

すべてに感謝の気持ち「はい。ありがとうございます」

サンダースのあいことば「感謝・感動・感激できるプレーをめざして」「おもいをひとつに」

もういちど、さいしょ(原点)にもどって、やりなおそうぜ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝!!宝満カップ(第10回教育リーグ)大会開催!!

5月3日(日) 第10回小学生教育リーグ大会(宝満カップ)が、横手小学校で開催されました。毎年、横手サンダース恒例の教育リーグ大会ですが、今年は第10回の記念大会、大会名も宝満カップに決まり、大会記念誌(大会誌)も、長谷川コーチのご尽力で素晴らしいものができました(容量大きいため、アップできないのがとても残念・・泣)。

出場チームは、

フレンドシップリーグより、老司アーチンズさん、春日リーグより須玖第三さん、FJSより、今光ライオンズさん、粕屋リーグより、長者原スラッガーズさん、内橋ジュニアさん、柏原リーグより、柏原ゴールデンシャークスさん、福岡南リーグより、曰佐さん、横手の8チームです。

予選リーグ1試合目 対今光ライオンズさん 1対1 同点

予選リーグ2試合目 対柏原ゴールデンシャークスさん 5対4 勝利!!

予選リーグ決勝進出 タイブレーカー 対今光さん 0対1 敗戦!

3位決定戦 対老司ライオンズさん 2対3 敗退crying

結果は第4位でした。・・・・が賞状と盾をいただきました・・・しかし、試合内容は、全くのいつも通りの横手サンダース・・・バッテリーミスからの失点、つながらない打線(特に3番・5番が悪い!!)・・・感動もくそ(!)もない・・・真剣に練習もしていないから、成長(上手くなっていない)・・・やばいぞ卒団式までに6年生分の表彰ができるか、ちと心配です。

優勝は、同じ福岡南リーグの曰佐クラブさん。おめでとうございます。

大会は、無事に終わり、懇親会も和やかかつ各チームの34番コーチのパワーで盛り上がりました。

この大会の運営上の記録を、これまた長谷川コーチの汗と涙と素晴らしい根性で、作成していただきました。

「touzitu2.pdf」をダウンロード

そして、この記念大会、宝満カップを盛り上げていただきました各関係者のみなさま、横手サンダース父母会、ご家族のみなさま、父母会OBのみなさま、無事、この大会を終了いたしました。本当に御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばい!?南リーグ第3節

4月26日 横手小にて、福岡南リーグ第3節が行われました。

第1試合 対弥永リトルガッツさん 2対6 敗退shock

第2試合 対野多目ファイターズさん 4対4 同点delicious

2試合とも今年の横手サンダースらしい?試合!!このパターンを早く抜け出さないと本当にヤバイばい。

現在、1勝3敗2分け・・しかし、上位チームもまだまだ抜け出たチームはいない。我慢、がまんでいきましょう!!

ジュニア戦 野多目さん

写真 takaさん

http://photos.yahoo.co.jp/taka4649go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »