« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2位ブロック3位入賞!!福岡市南部新人戦

heart042010年2月21日 那珂川町梶原運動公園で、福岡市南部地区新人戦が行われました。

2010年の横手サンダース新チームで参加です。

まず、抽選で1番くじをひいたので、主将だいすけは選手宣誓!!

前の日から練習はしていましたけど、大丈夫かな?当日も少し緊張していたようだけど・・・元気よくしっかりとできたようでした。よし、これで勢いにのって、第1試合目の試合もうまくいけばいいんだけど。

予選リーグ

1試合目 対大楠さん 4対2 勝利!! 公式戦初勝利sign01やっぱうれしいですsign03

練習試合で何度も揉んでいただいている大楠さんとの対戦ですが、今日のピッチャー(まだエースとよびませんsign01)渉くん。球威、制球力も安定してきました。ピッチャーが安定すると不思議・・・守備もよりしっかり見えます。大楠さんの強い打球を確実にアウトにとっていきます。攻撃では、四球、死球でランナーにでるとバントをしっかり決めました。少しずつですが大楠さんにプレッシャーをかけていくことができました。ランナーをとにかく3塁まで進め、バントやエンドランで得点。さらにだめもと盗塁でバッテリーのミスを誘い得点。いまの横手にはこれしかできません・・・・この試合、だれも外野まで飛ばすことができませんでした(shock)。

とにかく、公式戦 初勝利sign03 大輔の選手宣誓があったため、いい緊張感をもって、苦手の第1試合にとりくめたのかな?毎回選手宣誓をお願いしてみよう!!

2試合目 対曰佐さん 2対0 勝利!! 

またまた同じ南リーグの曰佐さんとの対戦。次週は南リーグの新人戦もあり、できれば違うリーグのチームとやりたかったのですが、これまた抽選できまったこと。だめもとで曰佐さんに挑みます。

この試合も足でかきまわします。2番義史が絶妙のセーフティバントで塁に出ます。そして俊足をいかして盗塁。ランナー3塁まで進み、相手投手のWPで得点。これしかできないの?というくらい足をつかいます。

またまた渉の制球は安定し、1~3回を零封します(しかもノーヒットで)。4回曰くさんの1番打者にライト前に落されますが、ライト優史2塁にすばやく投げてアウト!おおきなプレーでした。

2位ブロック準決勝 対ジュニコンさん 2対5 敗北

予選パート1位決定戦で老司さんに0対1でまけてため、2位ブロックベスト4の対戦です。

この試合も少々足をつかつた。ここまでくると、今の時期満足ではないでしょうか。

予選通過しかもこの大会優勝の老司さんとTBで惜敗。ジュニコンさんには、力負け。しかし、なんとか2010年チームの形が見えてきました。

「足」しかないけれど・・・・・野村前楽天監督は「足」と「肩」には不調なしとのこと。

よしとしょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめの一歩!ナガセケンコー旗新人大会

2010年2月13日・14日 ナガセケンコー旗新人大会が雁ノ巣R/Cで行われました。

1月末に行われた屋形原杯に続いて新チームでの参加。

このナガセケンコー杯は予選ブロック4チームによる総当たりの3試合行います(予定では・・雨で2試合になりましたweep)。この時期はチームの形が全然できてないので、数多くいろんなチームと対戦して・・・選手の特徴(プレイやビビリ度)をつかむことが大きな目的です(練習試合でもいいのだけれでも)。

Nagase20101

しかしながら、このナガセケンコー(おととしはイキスポーツ杯)杯で上位にいくチームは、(おととしの14期生主将聡明の時はベスト8)、1年間を通して好成績を収めているような気がします(昨年は弥永さん優勝sun)。この大会を境に力が入ってくれたらと期待を込めたのですが・・・

1試合目 対大野クラブさん 3対4 惜敗・・・ほんともったいないsign03

この試合は渉の足で得点することができ(これが横手の最大の武器・・これしかないかもsign02) たが・・・その裏3番君の一発でひっくりかえされます。

しかしながら、最終回4年生の優史がヒットで出塁、つづく和也も見事なバントヒット

さらに、渉も出塁し、2番薫に代わって3年生康平!!やりました!!ライト前へのクリーンヒットで得点をあげます(とても素晴らしい!!)。・・・・がその裏、渉くん乱れてしまいます。四球、エラーでランナーをため、相手3番君に(この試合2本目の)逆転のヒット。完全な自滅です。・・・・エースを勝ち取るためには、ここは抑えなきゃ。バッテリーは冷静に下位打線をアウトにし、上位打線は慎重にそして大胆に勝負しなきゃ・・・って、小学生がここまでできるかというと・・・昨年の翔、その前の聡明はできてました。だからこれははじめの一歩です。

まぁいい経験になってくれたかな。とにかく「はじめの一歩」なのです。

2試合目 対金武ジュニアさん 1対8 負け! コールド負け。

金武さんは少しレベルが違ってました。バッテリーは出来上がっているし、守備もまとまっている。振りも速い。完全な力負けです・・・・・・がこれからこのようなチームにどんどん挑んでいきます。そして勝ち抜いていってもらいたい。負けたくやしさ、勝った嬉しさで成長してもらいたい。とにかく「はじめの一歩」なのですが、横手には秘策があります。

和矢、初回のファインプレー、ありけん(5)ー和也(4)ー悠人(3)でのダブルプレー素晴らしいプレーがありました。渉はこれから投げ込み、経験をつみいいピッチャーに慣れる可能性は十分あります。守備でも打撃でも主将の大輔を中心にどんどん伸びていく可能性はあります。その中での横手の秘策は・・・・・

うれしいことがありました。日曜日の午後、津田代表によるパパさん方への審判勉強会がありました。川崎コーチの呼びかけに多数のパパさん達が集まり、「アウ(ッは言わない)」「腕はまっすぐ挙げ、こぶしをつくりノック(ハンマーノック)」「セーフ」「立ち位置」などなど子どもたち以上に元気よく学習されていました。津田代表にはいつもながら感謝、感謝なわけですが、パパさん達のとても熱い思いが伝わってきました。その後の反省会にも多数参加していただけたし、これなかった方々からも次回は参加したいとのお声をかけてもらっています。

子どもたちはより多くの経験、いい経験をすることで、大きな成長をしていきます。その経験をするためには、みなさんのご協力、ご支援が必要です。監督ひとりの力なんかたかがしれています。こども達とみなさんと一緒に歩んで行けたら・・一歩、一歩進むことができたら・・チームの力は上がっていきます。これが監督の願いです。これから練習試合、大会など盛りだくさんです。いいジャッジをお願いします(多少、間違っても熱い思いがあれば・・・大丈夫です)。審判の方(えこひいきは厳禁ですが!!)も応援の方も子供たちを励ましましょう。

子どもたちは答えてくれます!!

このナガセケンコー杯 選手もスタッフ、父母会も「はじめの一歩」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬場の走り込み2!南リーグ駅伝・マラソン大会

2010年2月7日(日)南リーグ恒例の駅伝・マラソン大会に参加しました。

毎年、横手サンダースはこの駅伝・マラソン大会はそこそこ強いのです(ソフトボールのほうは・・・弱いのですが)。この日も朝から熱気にあふれています。OB父母会からの応援・・・ありがとうございます。そして、とてもうれしいことに15期生主将ゆうきパパ(ばーばーパパ)の参加。選手、父母会、コーチの力をあわせてゴールテープをきってもらいたいものです。

この駅伝・マラソン大会にはもうひとつ大きな意味合いがあります。小学生ソフトボールには、オフというものがありません(いいのか悪いのか賛否両論なのですが・・)。1月から12月までまんべんなく大会が入ってます(参加しなければいい話なんだけど)。

どうしても走りこみ、基礎トレーニングが不足します。夏や湿気の多い季節の長時間の走りこみは、熱中症や熱射病による脱水症の危険が伴います(指導員としてはこれがいちばん怖い)。

かといって、春や秋の気候のいい時期は、多くの大会が連なって開催されており、少しの時間を惜しんで試合形式、本番さながらの練習を何度も何度も繰り返します。そうしないと勝てないのです。勝利至上主義になってしまうのです。

しかし、この小学生の育成に・・・中学、高校、野球を続けるうえで、大切なのは走る・投げるなどの基礎体力をつけることではないでしょうか。その基礎体力をつけるのにはやはり走りこみが必要なのです。

この冬場(寒い季節に)、駅伝・マラソン大会優勝を目標に練習(走りこみ)をすることはただ単にメダルを獲るぞ!だけじゃなく、基礎体力をつけることが目的です。当然ながら、この時期の横手サンダースのマラソン練習は、走りこみが多くなります。毎回の練習グランド10周(2~3Km)。月曜・火曜のマラソン特別練習(2km)などなど子どもたちは頑張っています。

でも結果がきになりますので・・・今回の横手サンダス駅伝大会の結果は第4位!

頑張りました!!たくさんの応援ありがとうございました。

1区 3年生 数矢(区間3位 4年生区間なのに大健闘!)

2区 4年生 優史(区間4位 突然の出場にもかかわらず頑張ってくれました。)

3区 5年生 義史(見事区間賞 やっぱやってくれます!!)

4区 6年生 一馬(いわゆるエース区間 とても頑張りましたsun一馬すごいぞgood

5区 母親 大坪ママ・久保ママ(やりました2年連続区間賞!横手レディース健在!!)

6区 5年生 渉(5年生のエース渉 脚のスーパースター頑張りました)

7区 大坪パパ(今年初出場頑張りました。3年後も期待しております)

8区 6年生ヒロ(これまた急きょの参加ありがとう。速くなったなぁ。頑張ったな!!)

9区 牟田コーチ(速かった。激走ですね。鬼爆なみ・・ワカルかな?の走り、カッコ良かったです)

10区 4年生 文也(しっかりとペースを守って走りきりました。もう少し期待しとるがな)

11区 6年生 勇輝(主将としてアンカーに思いを伝えてくれました。しっかり順位をキープして・・1人抜いたカナ くれました。)

12区 6年生 翔(アンカーでみんなの気持ちを込めてのゴール。よく頑張りました)

Ca3b0112_2

Ca3b0113_2_2

Ca3b0114_2

2010年南リーグ駅伝・マラソン大会成績

駅伝

1位 野多目ファイターズ

2位 大楠ソフトボールクラブ

3位 塩原キッドスターズ

4位 横手サンダース

マラソン(1・2年生の部)

4位 呼人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Continue

亮輔へ

~Continue ~ シーモ 

出来ないから やらないんじゃない
 出来ないからこそ やるんじゃないの?
 格好悪くてもやってみようよ
 君が思うより君は強いんだよ

 勝つか負けるかじゃなくて
 やるかやらないなんだよね
 どんな夢でもかなえる魔法 あきらめないこと
 前向き 胸はり 一歩一歩踏み出し 自分の道
 ずっとずっとコンティニュー

 負けたら終わりじゃなくて
 やめたら終わりなんだよね
 どんな夢でもかなえる魔法 それは続けること
 苦しみ 悲しみ その先見える 光 自分の道
 ずっとずっと ずっとずっと ずっとずっとコンティニュー

<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/H09ziVEz3Oo&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/H09ziVEz3Oo&hl=ja_JP&fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>
 

~5年生のみんなへ~
サンダース16期生中心のチームが始まりました。しかし、まだまだ始まったばっかり・・・とにかくこれからなのです。これから多くの試練、悔しさ、嬉しさ、喜び、楽しみ・・いろんなことが始まります。しかし、共に活動する仲間を信じてガンバロウ!!


牟田主将を中心とする15期生もいろんな苦労がありました。しかし、乗りこえました。みんなで努力して見事に乗りこえました。
あなた達には、いつもいつも見守ってくれているお父さん・お母さん・家族・監督・コーチ・代表 みんながついている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16期生初公式戦!屋形原ライオンズ杯新人大会

2010年1月30日(土) 屋形原ライオンズ杯新人大会に新チームで参加しました。

昨年のこの大会は、大雪snow。雪合戦をこどもたちは楽しんでおりましたが、今年は晴れsun。すこし、あたたかい中で試合ができました。

5年生を中心とした16期生の結果は・・・どうなったでしょうか。

第1試合 対次郎丸クラブ 3対4 敗退weep

初回より四球 守りのミスで得点されます。初公式戦ということで緊張したのかな?攻撃でも凡打、貧打を繰り返します。次郎丸さんの女の子サウスポーピッチャーをなかなかとらえることができません。さらに、またもや四球から守りのミスで得点を奪われます。最終回、下位打線の義史、和也が出塁し、薫のヒットで得点、相手ミスでさらに得点、ランナー2・3塁で4番の大輔でしたが・・・・・ため息でした。

まだまだ練習あるのみ  練習では、6年生エース翔のボールを打つことで、スピードボールに慣れてきています。しかし、さほど速くない球(しかもこういうチームは守備が堅い)、これを攻略するためには、しっかりとしたバッティングフォームで、「ためて打つ」これができていないと速い打球を打てない。外野の間を抜けるような打球を打つことができません。このためには素振りをしっかり行い、トスバッティングやティーバッティングでとらえるタイミングをつかむことが大切です。ほんと、練習あるのみ。自分でつかむまで練習しよう!!

第2試合 対清道クラブジュニアさん 2対4 敗退crying

またまた4年生が多いチーム。といってもこれからが楽しみな清道新エースくん。初回より渉の足が炸裂。ヒットで出塁、盗塁、バッテリーミスで得点します・・・このパターンしか今は得点する気配なし。この試合も凡打、貧打を繰り返します。相手ピッチャーのボールに合わせて振るだけでは遠くにとびません。しっかり自分のスイングをしなきゃ・・・というか、まだまだスイングスピードが遅い、強くないのです。

結局また敗退。ほとんど勝てる要素がないという先行き不安となる試合。これはどうにかしないと・・・横手小グランドに怒声が響きわたる予感。みなさん、ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »