« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

少し・・・いい~。部員大募集!!

2011年4月…日

12名から始まった今年のサンダース

昨季からのまずまずの成績を引き継ぎ、昨秋の九州選抜県大会ではベスト16と大健闘!!

そして、今年の福岡南部地区新人戦ではいきなりの優勝!!できすぎです。。。

でも部員は12名、選手層が薄いどころではなく、レギュラーがひとりかけるともうボロボロ・・・

こりゃ、やばいぞということで、急きょな部員獲得キャンペーン・・・2月の雨の中、凍えながら体験練習会やりました・・あれは中止にすべきだったとの声もありましたが・・・3月もやり(参加者0名)・・これで集まらなかったら仕方ないと思ってましたが、5年生の勇人くん、4年生の幹くんが入部してくれました。

そして、4月に入り6年生の転入生が入部するとの情報をキャッチ・・・しかもソフトボール経験者との噂。うわさは噂をよび、スーパー転入生になってしまいました。いかん、いかんこれでは入部どころではなくなる、平然としとこう!!


入ってくれました。しかも4年生の妹ちゃんも入部とのことで・・・・・(バンザーイ)とってもうれしいです。

苦しいチーム事情の中ですので、先日おこなった練習試合ではちゃっかり新入部員くんたちも初参戦!!

これがいい流れになりそうです。やっぱチーム内の競争、助け合い、協力は多いほど良い。

今年は正直むりかな・・・6年生が少ないハンデがあとあとひびくかな・・・と思っていたのですが、新入部員の入部で活性化できそうです。しかも6年生が少ないため来年の6年生(新5年生)が経験できます。

さらには、転入生の匠くん、5年生の勇人くんの加入でレギュラー争いが激化。いままでの5年生レギュラーも6年生のレギュラーもうかうかできません。試合にでてあたりまえから、試合にでるためにはチーム内の競争に勝たなければなりません。

やっと本格的に始動できそうです。  入部キャンペーンを支えてくれた父母会の皆さん、コーチ陣、お父サンダースの皆さん(おやじダンサーズじゃないよ)。そして選手たち・・・・・ありがとうです(それと神さま)。

ここで打てない、打っても遠くに飛ばない選手にワンポイントアドバイス!!

「手はキャッチャー、足はピッチャー」です。

バッティングでもっとも大切なのは「タイミング」です。
そのポイントとなるのが、構えた位置からグリップをひき、前の足を踏み出す「トップ」をどこにあわせるかです。通常はピッチャーの手が一番上にあがったとき(ウインドミルの場合)、トップをつくるとあわせやすくなります。
そして、両腕でバットをからだに巻きつけるようにテークバックし、からだの軸を最大限キャッチャー寄りに持っていき(手はキャッチャー)、ここからバットを振りにいく。手や腕が力みすぎないようにする。前足はピッチャーに向かって出していく(足が開かないように注意する)
うまくできない選手は腕や手に力が入りすぎて、スイングの軸がずれて(足が開いたり、前方で回ろうとする)いる。
リラックスして軸を中心に(腰部)リlラックスしてスイングすれば、打球に勢いが出て遠くに飛ばせるようになります。


ここのバッテイング講座はもう少しくわしく画像付きで(動画?)、モデルは誰にしようかな。文也もいい当たりの時はこのことがしっかりできています。薫も優史もいいな(ちょっと悪い例?うそうそで~す)。

テーマは「リラックスして腰の回転で打つ」ことを学んでもらいたいと思ってます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

こんなもんかな・・(泣)!全国小学生福岡市大会

2011年3月26日 全国福岡市予選が雁の巣R/Cで行われました。

昨年10月に行われた九州選抜県大会の結果、今回はシードとなってました。
県大会、全国大会本大会に向けて、いいポジションにいたのですが・・・

結果はフレンドシップリーグの強豪、東月隈さんに1対4の敗戦down

6回、最終回までは0対0のいい試合(だったかな?)
しかし、最終回に1つのプレーから崩れます。簡単なサードゴロを1塁へ悪送球(ここまでは良く守っていたのですが)、さらに四球を出し、ここで上位打線に回ります(4巡目)。

さすがに、東月隈さんの上位打線、横手の5年生ピッチャーは相手になりませんでした。連打、連打で4得点されてしまいました。

6回で(4巡目)になるということは・・やはり四死球が多すぎます。それとエラーが多すぎます。

打撃ではチャンスもあったのですが、つながりません。塁には出るのですが、フライ打ち上げもしくは内野への凡ゴロを繰り返します。相手投手の外角球を中途半端に打っていき凡打をくりかえします。

結局、負けthinkannoy

やはり新6年生3人、新5年生主体のチーム、まだまだこれからと・・・・といいたいところですが、あっという間に1年は過ぎるし、今勝ちくせをつけとかないと、連盟南区新人戦はどこにいったのやら・・ずるずる衰退downしていきます。

やり直しです。もう1回チームをみつめなおします。

まずは、ピッチャー・・いいもの持ってます。バネがあり、しっかり体を使ったいい投げ方をします。
 しかし、コントロールが定まらない。ボール、ボールとカウントを悪くして甘く入ったストライクを狙い打ちされてます。死四球を簡単に出します。原因は投げ込み不足(受けてくれる子がいないのかな)です・・・小学生ソフトボールの場合、プレートからホームベースまでは10.67mという距離です。この短い距離ではしっかり投げ込みをする、ストライクをいつでもとれると意識して投げ込むことでコントロール(制球力)はしっかりついてきます。

和矢くんまだまだ努力がたりません。

野手にしろバッターにしろ、勇気、おもいきり、自信がありません。緊張もします。
これは、わたしたちコーチングスタッフがいってもなかなか改善出来ません。
唯一これを克服するためには、「練習」「努力」して自分で克服するしかありません。

3人の17期生、こんなんで終わるなよ

「がむしゃらに練習して」横手旋風まきおこせsign03

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »