ボツ監督のサンダース日誌

2011 夏!強化練習、強化試合そしてキャンプ

7月23日、24日 サンダース夏の強化練習、強化試合そしてキャンプを行いました。

サンダース17期生、全国、西日本、九州大会と県大会出場は逃しましたが(九州大会は雨天のため抽選でしたが)、とてもいいチームにしあがってきています。

練習試合の勝率は8割以上!!

選手の頑張りもですが、練習、試合を支えるコーチ陣、父母会長をはじめとした父母会の皆さんの一体感・・・・素晴らしいものがあります。

この写真は高下パパのアルバムで

このところの練習試合、強化試合でもっとも今年のサンダースらしい試合は!!

ジュニコンさんと試合 噂の超高速ボールに必死にくらいつきます。簡単には三振とられません。バットを短くもってコンパクトに振りぬく。バスターやバントで内野の守備をかく乱させる。四球や内野安打で出塁したら、盗塁、エンドラン、リレードスチールで次の塁を狙います。

そして、4番の優史、5番の康平が2本の長打・・・振り負けていません。素晴らしい打球が飛んで行きました。

守っては、5年生エースの和矢、6年生主将の文也が頑張っています(5年生エースはまだまだ修行がひつようですが・・)。

守備も1アウトずつしっかりととれる堅実なプレーができるようになってきています。

毎週、毎週が練習試合や超ハードな練習で、強化練習や強化試合のようなもの。子どもたちも本当によくついてくれてます。6年生が体力的にも技術的にもしっかりと下級生を引っ張ってくれています。

そして、コーチ陣、父母会みなさんの努力、協力、ご支援のたまものです・・・・って、これはもうちょっと先にします。でも、とてもいい感じです。

キャンプ  最高でした。

子どもたちもしっかりと楽しんでました!!遊びのときの笑顔もとってもいいですね!!

強化合宿もいいのですが、遊ぶときは遊ぶ、やるときはやる(強化する)!のほうがいいような気持ちをもっています。

これまた心に残るいい思い出になりそうです(よく飲みました(*^^)v。

さぁ、夏の大会・・まずはピザクック杯からです。

対戦相手は同じ南区の老司アーチンズさん。これまた剛球5年生エースくんに横手サンダース打線がどう挑むか・・・心配であり、楽しみな試合になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなもんかな・・(泣)!全国小学生福岡市大会

2011年3月26日 全国福岡市予選が雁の巣R/Cで行われました。

昨年10月に行われた九州選抜県大会の結果、今回はシードとなってました。
県大会、全国大会本大会に向けて、いいポジションにいたのですが・・・

結果はフレンドシップリーグの強豪、東月隈さんに1対4の敗戦down

6回、最終回までは0対0のいい試合(だったかな?)
しかし、最終回に1つのプレーから崩れます。簡単なサードゴロを1塁へ悪送球(ここまでは良く守っていたのですが)、さらに四球を出し、ここで上位打線に回ります(4巡目)。

さすがに、東月隈さんの上位打線、横手の5年生ピッチャーは相手になりませんでした。連打、連打で4得点されてしまいました。

6回で(4巡目)になるということは・・やはり四死球が多すぎます。それとエラーが多すぎます。

打撃ではチャンスもあったのですが、つながりません。塁には出るのですが、フライ打ち上げもしくは内野への凡ゴロを繰り返します。相手投手の外角球を中途半端に打っていき凡打をくりかえします。

結局、負けthinkannoy

やはり新6年生3人、新5年生主体のチーム、まだまだこれからと・・・・といいたいところですが、あっという間に1年は過ぎるし、今勝ちくせをつけとかないと、連盟南区新人戦はどこにいったのやら・・ずるずる衰退downしていきます。

やり直しです。もう1回チームをみつめなおします。

まずは、ピッチャー・・いいもの持ってます。バネがあり、しっかり体を使ったいい投げ方をします。
 しかし、コントロールが定まらない。ボール、ボールとカウントを悪くして甘く入ったストライクを狙い打ちされてます。死四球を簡単に出します。原因は投げ込み不足(受けてくれる子がいないのかな)です・・・小学生ソフトボールの場合、プレートからホームベースまでは10.67mという距離です。この短い距離ではしっかり投げ込みをする、ストライクをいつでもとれると意識して投げ込むことでコントロール(制球力)はしっかりついてきます。

和矢くんまだまだ努力がたりません。

野手にしろバッターにしろ、勇気、おもいきり、自信がありません。緊張もします。
これは、わたしたちコーチングスタッフがいってもなかなか改善出来ません。
唯一これを克服するためには、「練習」「努力」して自分で克服するしかありません。

3人の17期生、こんなんで終わるなよ

「がむしゃらに練習して」横手旋風まきおこせsign03

| | コメント (0) | トラックバック (4)

感謝・感動・感激!!第16期生卒部式

暖かい陽射しが降り注ぐ、早春のこの日6人の16期生が、横手サンダースを巣立っていきます。
>
>主将 久保大輔くん、副主将 錦戸渉くん、酒井義史くん、玉井亮輔くん、有馬健太くん、白石悠人くん
>
>今年の6年生は、全国大会県大会初出場をはじめ、連盟南区大会でも優勝、初の南区チャンピオンに輝く

など新たな歴史を築きあげました。
Sotubu20111

昨年牟田勇輝、錦戸翔くんたち15期生が作ってくれたいいながれを継承し、リーグ新人戦で3位からスタートし、

多くの大会でサンダース旋風を巻き起こしました。

守備ではバッテリーの渉、大輔を中心に、ありけん、悠人の堅実で安定した内野守備、義史、亮輔は何度も外野で

ピンチを救ってくれました。打撃では義史、渉の脚が武器でした。

そして大輔、悠人を中心にありけん、亮輔がしっかりつなぎ得点できるチームでした。ただし、僕はもっとできる子

たちだと 思ってます。すぐに妥協するというかいい子ちゃんというか甘えさせたら、どこまでも甘えてしまう傾向が

あります。叱咤激励の意味で手を上げたこともありました。しかし、この子たちはわかってくれました。
 
主将大輔を中心に強くなるうまくなりたい、自分たちはできるはずだ。

6年生6人で励ましあい、努力しました。練習しました。監督についてきてくれました。そしてチームは強くたくましく

なって、秋の大会で好成績をあげることができました。そして、南区の強豪として17期生にバトンタッチしてくれました。

熱い日も寒い日もきつい練習にもついてきてくれて本当にありがとう。

子どもたちへのはなむけの言葉は、夢にときめけ、明日にきらめけです。ご存知のようにルキーズの川藤先生の言葉ですが、

君たち一人ひとりの人生にはとてつもない大きな可能性があります。その輝かしい未来をつかんで欲しい。そのためにも、

精一杯の努力をしてほしい。サンダースで学んだことは、

努力ししっかり頑張れば何かできる。勇気を持って前に進んで欲しい。君たちはできるんだから。

16期生のサンダースっ子本当にありがとう
Sotubu20113


最後に6年父母の皆様へ

有馬会長を中心に

暑い日も寒い日も子供達をサポートして

くださりありがとうございました

たいへんな時期もあったと思いますが

親子で頑張った成果で子供達も心と体は大きく成長しました。

こんなに親子で接する時期は小学生の時期だけです。

これからは新中学生のサポートをお願いします。

またお時間ある時はどんどんサンダースの活動に参加し子供達を応援ください。

ほんとうに有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はらはら!!南リーグ新人大会2011

2011年2月27日(日) 横手小学校で南リーグ新人大会がありました。

先週は南部新人大会で優勝happy01 2周連続優勝を狙ってたのですが・・・・夢破れるでした。

予選1試合目 対三宅イーグルスさん 2対2 同点 う~んthink

予選2試合目 対弥永リトルガッツさん 1対1 同点 う~んsleepy

試合内容は、まぁまぁなんですがひとつ大きな問題点が・・・

それは、部員が少ない・・・選手層がうすい・・・この一点が大きな問題点です。

6年生(新)が3人のうえ、一人が体調不良、5年生の一人がけが、そして風邪、インフルエンザも数名いたり・・
まえの晩より、9人揃うかどうか・・・・何とか試合にでれました。ほんとうにハラハラでした。

しかし、おもしろいことが・・3年生初出場の○○たいきくん。大活躍でした。いきなり、ヒット性の当たりを打つは、レフトのポジションでは、ファインプレーを2つ。そして、きわめつけは最終回の初ヒットが2塁打。これを機に同点に追いつき、一打逆転というところまでいきました。無心というか集中力のすごさというか、これはまた楽しみです。

そんなこんなで予選敗退でしたが・・・何とか試合に出れたこと。
今年の南リーグ・・今のところでは、ドングリの背比べと同様、チームの力にそれほど大佐はないような・・感じです!!

体調管理の難しさ・・これまた勉強したな。

結果(第11回南リーグ新人大会)

第1位 三宅イーグルス
第2位 野多目ファイターズ
第3位 弥永ロトルガッツ
第4位 野間ファイターズ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

びっくり!優勝 福岡南部新人戦

平成23年2月20日 梶原運動公園で、福岡南部新人戦がありました。

結果は優勝good

たった12人のメンバーで、4試合勝ち抜くことができました。
そして、最後まで集中力を欠くことなく頑張れました。

これが本当の実力なのか疑問です。
しかし、ここぞのときの集中力は素晴らしかったです。


Nanbusinzin1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備!屋形原杯、ナガセケンコー杯2011

1月29日屋形原杯、2月4日ナガセケンコー杯と新チームで出場しましたが、どちらも予選リンク戦を勝ち上がることはできませんでした。しかし、これからの新人戦、そして2011年、第17期生チームのいい準備ができました。新6年生3人と苦戦必死なのですが(4年前13期生も3人でした。苦戦しました)、主将文也を中心に3人の新6年がそれなりにチームをまとめてます。なかなか良いセンターラインを作ってます。その他のレギュラー候補(新5年生)ですが、少しづつですが(思いのほか)、ソフトボールを覚えてきています。うまくなろう、負けたくない、頑張ろう!!という気持ちが、上達スピードを早めている感じがします。後は、新5年生ピッチャーの和矢くんですね。素晴らしい身体能力を持ってますので、じっくりと経験して、福岡県を代表するピッチャーになってもらいたい。ピッチャーは孤独なところでもあり、チームの軸でもあり、チームの顔でもあるため、たいへんなプレッシャーもあるだろうけど、経験して得ることがいっぱいあります。和矢と心中する覚悟(こりゃ大げさ)です。
頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張りました◎ 駅伝・マラソン大会

平成23年1月23日 南リーグ駅伝・マラソン大会が開催されました。

結果は第3位sun頑張りました。10人の駅伝メンバー+錦戸ママ、久保ママ、西野パパ、片岡パパお疲れ様でした。それとおめでとう!!

最近の走りこみ、体力の向上ぐあいからもう少し上位をねらってたのですが・・・どこのチームもこの悪天候で走りこみやってるみたいでした。リーグとしてもこれはいいことだ!!寒い時期は基礎トレーニング(特に冬場にしかできないこと)をやるべきだと思っています。

全体的には走力は確実に上がってます。駅伝メンバーは確実に早く力強く走れているし、特にアンカー義史の区間賞は歴代でもトップクラスのタイムだったし、その他マラソンの部に出場した悠人、亮輔、康平、佳昌、怜も確実に早くなっている。そして、3,4年の部で優勝した安部くんもがんばった(鼻血だしながらの激走でしたgood)。

この駅伝・マラソン大会で走りこみは終わるんじゃなく、これからもしっかりと走ります(残念??)。
大会時期や暑いときにもいかに走れるか・・今年はやってみたいのです!!
頑張りましょう!!

君たちはもっと伸びる可能性をいっぱいいっぱいもっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましてあめでとうございます 2011年

あけましておめでとうございます
旧年中は皆様方にいろいろお世話になりました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2011_oyakoreku1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳杯が終わって・・!ここからスタート。


2010年12月5日南リーグ主催の柳杯(南リーグ創設の功労者、柳氏をたたえての大会)が終わりました。

結果は予選パートは強豪老司アーチンズさんをやぶり、決勝パート準々決勝に勝ちあがったのですが、同リーグの三宅さんに敗れてしまいました(残念でした)。

この大会は横手サンダースにとって、節目の大会です。

この大会で6年生(横手サンダース16期生)を中心に活動してきたことを、来期チームへ移行する今年最後の大会です。

南リーグは、来年3月に春季(お別れ)大会をするために、この柳杯がラストゲームではありませんが、とにかく今年最後の大会、区切りの大会なのです。

毎年のことですが、6年生には全力プレーで、栄冠目指して頑張ってもらいたい。

すべてをかけて・・・挑戦してもらいたい

今年1年間必死に頑張ってきた、その集大成がみたい

6年生には最後だから、区切りとかではなく、「勝負」してほしい。

必死に挑戦することで、何かを得ることができる。

すべてをかけて・・「勝負」すること、「挑む」ことを経験してもらいたい。

との思いでこの柳杯にのぞんだのですが、なんかあっけなく終わってしまった。というか期待が大きすぎて、空回りさせてしまいました。

やっぱり「優勝」「栄冠」などイメージしすぎるとダメになってしまいますね。

今年の6年生・・よくやりました!!なんて上から目線ですが、ほんと「感謝」というか、「よく助けてくれた」って感じです。

昨年の今頃はありえないぐらいに新チームの形ができていませんでした。まずピッチャーを作ってなかった。

しかしながら、リーグ新人戦でいきなり3位(銅メダル)。そして、全日本福岡市大会でパート優勝し、初の福岡県大会出場(県大会では北九州の強豪チームに善戦する)。そして宝満カップで優勝!!

昨年エース翔くんの弟、渉くんが投手として成長(これが大きかった)。主将大輔をはじめスピードスター義史、守備力の安定したありけん、そして亮輔の頑張り、悠人の存在感、6年生のまとまりが好調の原動力でした。

これはすごいことになるぞ~と思っていたら、夏前から秋にかけての不調(超スランプが続きました)。

「いい事は続かない」前半戦の勝利にまどわされて、思いあがっていました。体力、精神力ともにまだまだでした。

一回どんぞこに落ちてはいあがるってきついですね~。監督として(キャプテンの親としても)きっかったなぁ!
このまま、底に落ちたまま終わるのって感じでした。

でも助けてくれたのは、選手たちです。連盟南区大会で「優勝」。

まさかって(いったら本当に悪いけど・・だって父母会もみんなカメラ準備してなかったぐらいで・・)予選を勝ち抜いたら、あれよあれよって・・優勝!!横手サンダースが南区大会で優勝なんて、もちろん初めてでした。

こども(選手)達も自信になったと思いますが、わたしもうれしかった。自信になった。「助けてくれた!!」

そして、那珂川杯でも念願の決勝ラウンド進出・・・そして準優勝(銀メダル)!!

柳杯で「栄冠」といきたかったのですが・・・空回りさせちゃいました。


とにかく、6年生  よく頑張りました。ほんと感謝です。
試合後、わたしがかけれた言葉は、「これで終わり」ではなく、「これからスタート」です。

柳杯への思い、野球、ソフトボールへの思い、サンダースへの思い・・じゅうぶん伝わりました。
本当に感謝しています。

だから、これから「スタート」ですね。新たな展開へのスタートですね。

サンダースとしては、もう少しだけど、もう少ししっかりと応援していきたいと思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ!下級生(パート2、パート3)

久しぶりの投稿です。

なかなか忙しく・・・って、さぼっておりましたdespair

これからまた、ちょくちょく書いていこうと思います。

まずは、下級生ネタから・・

10月に行われた選抜九州小学生県大会・・・

結果は1回戦に勝ち、2回戦も勝ち、3回戦はこの大会準優勝して、県代表を決められた那珂南さんの0対14で負けましたが、ベスト16。よしとしましょう!!

やはり、これからが楽しみな和矢がしっかり投げ、5年生の文也、薫、優史が活躍し、4年生がそこそこ・・・・な活躍すれば、何とか試合になりそうです。なぁ~んて、おもいっきり期待しちゃいますheart02


そして、昨日おこなわれたTSジュニア杯 結果は第3位sign03

予選リンクを1試合目 対日の出ホークスさん 1対0 勝利
        2試合目 対板付ドリームスさん 1対0 勝利
       タイブレーカー 下白水さん 2対1 勝利

準決勝  対東若久さん 0対8 負け!!
3位決定戦 対日の出サンライズさん 3対1 勝利!! 

そして、ピッチャー和矢が優秀選手となりました。4試合で完封2つ。がんばりました。

5年生以下、4年生、3年生がんばってます!!それといい経験していますね。

写真はアップしていきたいです。高下パパお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)